【WordPress】過去記事をFacebookやTwitterなどに自動投稿するRevive Old Post

WordPress

January 1, 2018


Revive Old Postは、古い記事をランダムに自動的に共有することができるプラグイン。その他、投稿間の時間を選択、共有する投稿の数、共有したくないカテゴリーや記事の除外設定、リンクの短縮URLなどの設定も行えます。

Revive Old Postプラグインを導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Revive Old Postを検索
有効化にするとRevive Old Postが追加されます。

Accounts


ソーシャルメディアのアカウントを連携させます。Add Accountをクリックします。ここではTwitterのアカウント連携の場合です。


連携アプリを認証をクリックします。

General settings

Minimum interval between shares 最小間隔間隔
Minimum age of post to be eligible for sharing 共有の対象となる投稿の最小期間
Maximum age of post to be eligible for sharing 共有の対象となる投稿の最大期間
Number of Posts to share 共有するポストの数
Share old posts more than once 古い投稿を繰り返し投稿する
Post Type 投稿タイプ
Google Analytics Campaign Tracking Googleアナリティクスキャンペーントラッキング
Exclude/Include Specific Categories 特定のカテゴリを除外/含める

Post Format

Post Content 投稿内容
Length ツイートの長さ(最大:140)
Post Content Custom Field 投稿内容のカスタムフィールド
Additional Text 追加テキスト
Additional Text At 追加テキストの挿入位置
Include Link リンクを含める
Fetch URL From Custom Field カスタムフィールドからURLを取得
Use URL Shortner 短縮URLを使用する
URL Shortner Service 短縮URLを選択
Hashtags ハッシュタグ

ページ下部のSaveをクリックして保存します。SEE SAMPLE POSTで投稿内容の確認が行えます。
自動投稿を開始する場合はSTART SHARINGをクリックします。

Latest Posts

Related Posts