【WordPress】マーカー変更も簡単にできるWp Google Map Short Code

wpgmsc_s

Wp Google Map Short Codeはショートコードを使用して、簡単にGoogle Mapを埋め込むことができ、マーカーの変更もできるプラグインです。
マーカーのアイコンを変更するには幾つか方法はありますが、このプラグインはメディアのURLを貼り付けるだけなので簡単です。

Wp Google Map Short Codeプラグインを導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Wp Google Map Short Codeを検索
有効化にします。このプラグインで使えるショートコードは2種類です。
・[google_map address=”Elizabeth St Melbourne VIC 3000, Australia” zoom=”15″ desc=”Wp Google Map ShortCode” icon=”http://google-maps-icons.googlecode.com/files/sailboat-tourism.png” ]
・[google_map lat=”36.7782610″ long=”-119.4179324″ zoom=”15″ desc=”Wp Google Map ShortCode” icon=”http://google-maps-icons.googlecode.com/files/sailboat-tourism.png”]どちらかを使います。

wpgmsc_1

[google_map address=”佐賀県佐賀市高木瀬” zoom=”15″ desc=”Wp Google Map ShortCode” icon=”../sample/marker.png” ]はaddress=””部分に住所を入力します。日本語での入力も可能です。

[google_map lat=”36.7782610″ long=”-119.4179324″ zoom=”15″ desc=”Wp Google Map ShortCode” icon=”http://google-maps-icons.googlecode.com/files/sailboat-tourism.png”]
の方はlat=”36.7782610″ long=”-119.4179324″の経度・緯度が必要になってきます。
その他の設定はどちらも一緒でzoom,iconを任意のものにします。width=”” height=”” も使えたので幅などを指定したい場合はショートコードに追記してください。

wpgmsc_2
マーカーをオリジナルのものに変更する場合はメディアにアップして、URL部分をiconにコピペすればできます。
通常の赤いマーカーを使用する場合はicon部分を削除します。

wpgmsc_3
完成したマップがこちらです。下のマップにはwidth=”300px” height=”200px”を足してみました。
何度もマップを使う場合は【WordPress】登録して効率アップ。AddQuicktagで紹介したAddQuicktagでショートコードを登録しておいたら使い易いかと思います。

 
Wp Google Map Short Code

【WordPress】マーカー変更も簡単にできるWp Google Map Short Code

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR