【WordPress】スライダーを簡単設置できるプラグイン-Meta Slider

meta_s
Meta Sliderはワードプレスでスライダーを簡単に使用できるプラグイン。使用できるスライダーはNivo Slider、Flex Slider、 Coin Slider、Responsive Slides。
WordPressのスライダープラグインの中でも人気のあるプラグインです。

  1. Flex Slider 2 – Responsive, 2 transition effects, carousel mode
  2. Nivo Slider – Responsive, 16 transition effects, 4 themes
  3. Responsive Slides – Responsive & incredibly light weight
  4. Coin Slider – 4 transition effects

Meta Sliderプラグイン導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Meta Sliderを検索

プラグインを入れるとMeta Sliderという項目が追加される。
Meta Sliderを選択すると下記内容が出てくるので+でスライダー作成。

Meta Sliderの特徴

・Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slidesの4種類のスライダーが利用できる。
・複数のスライダーを作る事ができる。
・スライダー位置はショートコードかPHPで指定できる。
・サイズ、矢印、効果など細かい設定ができる。

ms_1

スライドを追加で画像を入れていき、ライトナビで細かい設定をする。

ms_2

最後に保存して、ライトナビ下のショートコードを設置したいページに貼り付ける。もしくはテンプレートに含めるでPHPのコードを貼り付ける。

ms_3

すぐスライダーを作成できるので便利です。

ここまではいいのですが、このプラグインを入れると編集画面にスライダーを追加というボタンが出てきます。

ms_4

あると邪魔に感じてきたので、自分はfunctions.phpに下記内容を入れました。

add_action('admin_print_styles', 'custom_css');
function custom_css() {
echo '<style>#wp-content-media-buttons > a.thickbox {display: none;}</style>';//meta sliderボタン非表示
}

そうすると、こんな感じです。
ms_5

やり方として間違っているかもしれませんが、どうしても消したい場合は試してみてください。

 
wordpress

【WordPress】スライダーを簡単設置できるプラグイン-Meta Slider

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR