【WordPress】手間のかからない設定でツイッターフィード表示Kebo Twitter Feed

kebo_twitter_feed_s
Kebo Twitter Feedはツイッターのフィードを表示してくれるプラグインです。
設定は余計な手間もかからない簡単なものです。ショートコードもあるので投稿・固定ページ、ウィジェットなどお好きな場所に設定できます。

Kebo Twitter Feedプラグインを導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Kebo Twitter Feedを検索
有効化にすると設定とウィジェットにKebo Twitter Feedが追加されます。

設定

kebo_twitter_feed_1
設定 > Kebo Twitter Feedから行います。
Connected to Twitterでアカウントを接続します。
Feed Refresh Rateで何分でツイートの格納されたリストを更新する頻度を設定します。1〜30分での間で設定します。
NoFollow Linksでツイート内のすべてのリンクにREL = “nofollow”を追加。

kebo_twitter_feed_2

Connected to Twitterをクリックすると上記のような画面に移るのでログインをクリックします。

ウィジェット

kebo_twitter_feed_3
Kebo Twitter Feedを表示させたいウィジェットに移動させます。

kebo_twitter_feed_4

Display Tweets,Re-tweets,All-tweets
Style ListsかSliderから選択します。
Theme LigtかDarkから選択します。
Number Of Tweets つぶやきの数(1〜50)
Show profile image? プロフィール画像を表示
Show conversations? 会話を表示
Show media? (only Lists) メディアを表示(Listsの場合のみ)
Media visible on load? 負荷に見えるメディア?
Show Intent Links? リンクを表示

kebo_twitter_feed_5
完成です。ウィジェット以外の設定方法は以下になります。

PHP

<?php echo do_shortcode('[kebo_tweets]'); ?>

ショートコード

[kebo_tweets] 

ショートコードも準備されているので投稿や固定ページにも簡単に表示することもできます。下記のようにショートコードに付け加えてツイート数なども設定できます。
[kebo_tweets title=”” count=”5″ style=”list” theme=”light” offset=”false” avatar=”off” conversations=”false” media=”false”]

 
wordpress

【WordPress】手間のかからない設定でツイッターフィード表示Kebo Twitter Feed

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR