【WordPress】もっと早く導入すべきだったEWWW Image Optimizer

ewww_s

EWWW Image Optimizerは画像ファイルを最適化してくれるプラグイン。最適化することで画像容量を軽量化、画像ファイルが大きいとサイトの表示速度更の低下に繋がります。更にこのプラグインは自動でファイルサイズを圧縮してくれたり、過去にアップした画像も一括で圧縮させることができます。

EWWW Image Optimizerプラグインを導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> EWWW Image Optimizerを検索
有効化にすると設定にEWWW Image Optimizerが追加されます。
設定項目が多いですが、すべて使うものでもなさそうなので細かい説明は省略します。
ewww_2
Cloud Settings 有料オプション設定
飛ばします。

ewww_1
Basic Settings 基本設定
Remove metadataにチェックを入れます。
画像ファイルに付加された、EXIF情報(作成日付、場所、緯度経度など)のメタデータを削除し、容量を減らす。
ewww_4
Advanced Settings 圧縮設定
optipng optimization levelは圧縮設定ですが、高すぎると劣化の恐れがあるようです。2のままで十分だと思います。

ewww_3
Conversion Settings 画像変換設定
Hide Conversion Linksにチェックを入れます。
jpgをpngに変換する機能を非表示にする。

設定は以上です。
次に圧縮ですが、メディアのBulk Optimizeに移ります。
ewww_5
圧縮した後だったので上記のようになりましたが、メディアにアップした画像を一括で圧縮する場合、Optimize Media LibraryのStart optimizingをクリックして圧縮が始まります。Stop optimizingが消え、Finishedが表示されたら圧縮の完了です。

WordPressのテンプレート内の画像を圧縮する場合はOptimize Everything ElseのScan and optimizeをクリックし、圧縮完了を待ちます。

ewww_6
個別に圧縮する場合はライブラリからOptimize nowをクリックします。すでに圧縮されているものはRe-optimizeが表示されます。

 
wordpress

【WordPress】もっと早く導入すべきだったEWWW Image Optimizer

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR