【WordPress】ログイン履歴を保存して不正アクセス対策。Crazy Bone

wp

市場には多くのCMSが存在しますが、その中でもWordPressはCMSの市場シェアで約6割導入されている世界で最も使われているCMSです。そして、世界中で最も使われているという事は不正なアクセスなども多いという事になります。

悪意あるユーザーから守る対策の1つとしてログインしたユーザー、ログインしようとしてエラーになったユーザーに関する履歴を保存してくれるプラグインCrazy Boneは有効だと思います。

Crazy Boneプラグイン導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Crazy Boneを検索

プラグインを有効化にするとダッシュボードのユーザーにログイン履歴が追加されます。

crazy-bone
*上記の画像ではIPアドレス、ユーザーエージェントに表示されるOS、ブラウザのバージョンは消しています。

この他にも自分以外のユーザーからアクセスがあった場合、管理画面に別の接続元IPアドレスから接続があったとダッシュボードに警告が表示されます。
日本語での表記なのでとても使い易いプラグインだと思います。対策の1つに是非使ってみて下さい。

 
wordpress

【WordPress】ログイン履歴を保存して不正アクセス対策。Crazy Bone

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR