【WordPress】一つの地図に複数マーカー表示Basic Google Maps Placemarks

Basic Google Maps Placemarks
Basic Google Maps PlacemarksはGoogle Mapを埋め込み、カスタムアイコンと情報ウィンドウを表示できるプラグインです。更にこのプラグインの特徴として一つの地図に複数のマーカーを表示することが可能。お店の各店舗を一つの地図にまとめたい、行ったことある場所をまとめて表示したいという時など便利かもしれません。

Basic Google Maps Placemarksプラグインを導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Basic Google Maps Placemarksを検索
有効化にするとPlacemarksと設定にBasic Google Maps Placemarksが追加されます。

bgmp_1
上記はBasic Google Maps Placemarks settings画面です。ショートコードでの変更もできます。

Map Width マップの横幅
Map Height マップの縦幅
Map Center Address マップ中央の住所
Zoom ズーム
Map Type マップタイプ
Type Control タイプコントロール
Navigation Control ナビコントロール
Info. Window Maximum Width 情報ウィンドウの最大幅
Marker Clustering マーカーのクラスタリングを有効にするかどうか
Max Zoom 最大のズームレベル
Grid Size ピクセル単位でのグリッドサイズ
Style スタイル

Placemarksに移ります。今回は【福岡】人気のスポット糸島へ!秋のツーリング【福岡】再び糸島へ。夏のツーリングで訪れた場所を一つのマップにしてみました。Placemarksの中にあるカテゴリーを登録します。
bgmp_2
カテゴリー登録をしたらAdd Newをクリックし、上記画面に移ります。
タイトル、文章を入力したらPlacemarks AddressのAddressを入力します。日本語でもいけました。
続いてStaking Orderがマーカーが重複している時の重なり順です。必要でしたら入力してください。最後にマーカーをオリジナルのものに変更する場合はアイキャッチ画像に設定して公開をクリックします。1件ずつしか登録できないのでAdd Newをクリックして、新しい場所を登録していきます。

bgmp_3
一覧はこんな感じです。次にショートコードを投稿や固定ページに貼り付けます。[bgmp-map] で表示ができますが、以下のように地図ごとに変更することもできます。
[bgmp-map categories=”itoshima” width=”500″ height=”500″ center=”福岡県糸島市” zoom=”10″]
カテゴリーで絞ったり、地図の中央を変更したりできます。入力していないものはsettingsが適用されます。

bgmp_4
できあがった地図はこれです。

bgmp_5
ピンをクリックするとタイトルなどが表示されます。

追記

Snazzy Mapsというプラグインも一緒に使うとマップスタイルも変更可能です。宜しければ【WordPress】公式マッププラグインのマップをお洒落にカスタマイズSnazzy Mapsを御覧下さい。

 
wordpress

【WordPress】一つの地図に複数マーカー表示Basic Google Maps Placemarks

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR