【WordPress】カスタムフィールドプラグインAdvanced Custom Fields

acf_s

Advanced Custom FieldsはWordPressのカスタムフィールド系プラグイン。入力する項目をわかりやすく、追加や削除、順番の入れ替えも可能。

Advanced Custom Fieldsプラグイン導入

ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 >> Advanced Custom Fieldsを検索

プラグインサイト

有効化すると設定の下にカスタムフィールドという項目が追加されます。
カスタムフィールド

カスタムフィールドをクリックし、上段にある新規作成をクリックします。フィールドグループを作成します。
フィールドグループは投稿タイプや記事のカテゴリなど、各グループで管理する事ができます。

カスタムフィールド

フィールドグループの名前を入力し、ラベル(記事編集ページの入力欄で表示される名前なので日本語がいいと思います。)、フィールド名(実際のページに値を取得するときに使います。英数で入れたほうがいいです。)、フィールドタイプを設定。
「+フィールドを追加」で必要な分のフィールドを追加していきます。

フィールドの追加が終わったら、位置で表示画面の設定をします。特定のカテゴリーやテンプレートなど真・偽を使って条件を設定。
表示設定

オプションもあるので細かい自分好みに投稿画面をカスタマイズできます。

公開
最後に右上カラムの公開ボタンをクリックしたら、基本的な設定は終わりです。

入力した内容を表示するため、表示させたいテンプレートにカスタムフィールドの値を記述します。

<?php the_field("フィールド名", $post->ID); ?>

とループ内に記載。フィールド名は入力したものに書き換えて下さい。

設定も簡単なのでお勧めです。

 
wordpress

【WordPress】カスタムフィールドプラグインAdvanced Custom Fields

  • LATEST
  • RELATED
  • POPULAR